2016年版、社員満足度ランキングをご紹介

person
(写真=PIXTA)

いよいよ2016年も終わりが見えてきました。時間の経過とともに、会社という組織体は成長を遂げていきます。成長する組織の中で、社員満足度という観点ではどのような推移を辿ったのでしょうか。

今回は世界最大級の意識調査機関「Great Place to Work」(約50ヵ国で展開)や転職や就職を目的とした企業リサーチサイト「Vorkers」のデータを元に、社員満足度が高かった企業ランキングの内容を紹介します。

社員満足度ランキングの傾向

2016年度の社員満足度ランキングと内容を分析すると、上位入賞の企業は業種に問わずある程度似たような傾向があることが分かります。

たとえば有給消化率という視点です。社員満足度が高い企業においては、有休消化率が他企業に比べ高いことが挙げられます。日本企業というのは先進国企業の中でも「有給消化率」は低い傾向にありますが、有休消化率が低い日本の環境下でも有休消化を社員の権利として行使させる土台が出来ています。そのような企業が「満足度の高い企業」として選ばれています。

ちなみに、2016年度の労働基準法改正にて有給取得が「義務化」するという話が出ていましたが、2015年9月27日に閉会した第189回通常国会にて労働基準法改正の成立は見送られることになったため、日本の有休消化率改善は未だ先のこととなるでしょう。

>>次ページ 社員満足度を上げる要素とは?

こちらもチェック

社員満足度を向上させることが企業にとって重要な理由

顧客満足度と並び重要視されてい ...