世界バレー2022日本代表

井上愛里沙の経歴まとめ!「バレーが楽しくない」過去暴露!

スポンサーリンク
inoue 世界バレー2022

2022年9月30日に行われた世界バレーで、日本がブラジルを40年ぶりに破り、2次ラウンド進出を決めました。

チームの得点王として、大活躍する井上愛里沙選手について記事をまとめていきます。

スポンサーリンク

井上愛里沙選手のバレー経歴まとめ

井上愛里沙選手はどんなバレーボール人生を送ってきたのでしょうか。

井上愛里沙選手は中学校の時にバレー留学していた!

京都出身の井上愛里沙選手は、小学校のときに、すでに身長170cmあった井上愛里沙は友達に誘われ、バレボールを始めることになりました。

中学校は、地元を離れ、岡山県のバレーボールの名門校にバレー留学していたことがわかりました。

就実中学校は、強豪校として有名で、井上愛里沙選手が在学中も全国中学校バレボール選手権大会において、3年連続3位入賞を果たしていました。
井上愛里沙選手は、中学2年生のときの全国中学校バレーボール選手権大会で、2年生でただ一人、オリンピック有望選手に選ばれていました。
 
2009
 
オリンピック有望選手
2 岡山 背番号2 井上愛里沙 2学年 就実中学校 178cm
 
中学2年生のときに、すでにオリンピック有望選手に選ばれていたとは驚きでした。
高校も全国的に有名な強豪校に進学するのかと思いきや、井上愛里沙選手は、バレーボールの強豪校への進学をしていなかったのです。
 
なぜ、強豪校に進学しなかったのか、本人が当時のことを語っていました。
 

 

「バレー、あんまり楽しくないなって思っちゃたんです」
 
井上愛里沙-min
 
「バレー、あんまり楽しくないなって思っちゃったんです」
バレーボールを初めて間もない頃から注目を集め、京都から岡山・就実中へ入学した。
楽しむよりも勝つことを求められる、寮生活でバレー漬けの日々。もうバレーだけが中心になるのは嫌」と高校は地元に戻り、西舞鶴高校へ進学した。

 

適度に楽しくバレーをして、大学へ進学して普通に仕事がしたい。
(yahooニュース田中ゆうこさんの記事引用)
 

井上愛里沙選手は西舞鶴高等学校へ進学していた

もうバレーだけが中心になるのは嫌!と高校は地元に戻った井上愛里沙選手でした。
西舞鶴高等学校はバレーボールの強豪校ではありませんでしたが、井上愛里沙選手が高校3年生のときに、京都高校総体で第4位に入賞していました。

バレーボールはチームワークが必須のスポーツです。井上愛里沙選手だけが秀でてすばらしい選手だったとしても、県大会4位まで上り詰めるには、練習の他にチームメンバーの精神性の向上も必要になったことでしょう。

3年生のとき、主将を務めていた井上愛里沙選手は、就実中学校での辛いバレー漬けだった経験が生かされることになったのかもしれません。

そして、県大会4位となった井上愛里沙選手は、高校生でU20の日本代表に選ばれたのです。

県大会第4位の無名の高校から日本代表が選出されたということは素晴らしいことです。井上愛里沙選手の実力の凄さが伝わります。

チームで戦う楽しさを知ったU20世界選手権・高校生代表時代

井上亜里沙選手の技術力、チームをまとめて好成績を導く統率力は生まれもった才能なのかもしれません。全日本もこの素晴らしい逸材を眠らせるわけにいきません。

井上亜里沙選手が高校3年生の時に、日本代表に選ばれるのですが、本人は心ここにあらず状態だったといいます。

しかし、この日本代表を経験し、チームで戦う楽しさを味わい、井上亜里沙選手にとって転機となったようです。

チームで戦う楽しさを教えてくれたのは、井上亜里沙選手の2つ先輩の本間真樹子選手でした。

本間真樹子選手は、井上亜里沙選手よりも試合に出る機会も限られていましたが、卑下することも、不満を抱くわけでもなく、彼女は「試合に出ていない自分もチームのために働く」とばかりに、アナリストが収集するデータを見やすく形に示すなど、誰に指示されるわけでもなく自ら裏方に回った。

 選手として大会に参加しているにも関わらず、時に睡眠時間も削ってチームのためにと働く本間に「選手なのにそこまですることない」と、2つ上の先輩にも臆さず言うのが井上だった。

 そのたび「生意気だなぁ」と笑いながら「私がやりたいんだからやっているだけ」と言い、練習も裏方での仕事も手を抜かず、ベンチでも誰より声を出し、コートに立つ選手の背をそっと押す。

 フォアザチームを貫く本間の存在は井上にとっても大きな支えとなり、中国に敗れるも準優勝の銀メダルを獲得した最終日の夜、少し照れくさそうに井上が本間に言った。

「マキコさん、ありがとうございました。やっぱ、マキコさんすごいです。おかげで最後まで楽しかったです」
yahooニュース引用元

日本代表としてチームで戦うには、日本代表選手でしか分からない苦悩もあるでしょう。これまでは注目されてばかりの井上亜里沙選手でしたが、日本代表のチーム内では、平等。苦悩を理解し、支えてくれた本間真樹子選手の存在は大きかったのでしょう。
 
今では、フランスリーグで活躍する井上亜里沙選手。後輩の先駆けになりたい!と行動した井上亜里沙選手は、バレーボールを楽しんでいるように感じます。
 
 

井上亜里沙選手のバレー経歴年表

2009年 全国都道府県対抗中学バレーボール大会
 オリンピック有望選手受賞
2013年京都高校総体 第4位 (西舞鶴高校)
2013年U20世界選手権 日本代表選出 (唯一の高校生)
2015年東京オリンピック強化指定選手に選抜される。
2017年大学では、東日本インカレで優勝に貢献し最優秀選手賞を受賞。
全日本インカレでも準優 勝に貢献し、敢闘選手賞を受賞。
両方でベストスコアラー賞に輝いた
2018年久光製薬スプリングス(現・久光スプリングス)正式入団
2019年三大会連続出場となるでは第30回ユニバーシアード競技大会主将に選出され、銅メダルを獲得。
2021年令和3年度皇后杯全日本バレーボール選手権大会で優勝 MVP受賞
2022年Vリーグ女子1リーグにおいて、チームの逆転優勝に貢献
最高殊勲選手賞(MVP)、ベスト6に輝き、日本記録賞得点王(最多得点:584得点)も受賞

シーズン終了後、引退の意志があったが、日本代表の眞鍋政義監督から「パリ五輪を目指して欲しい」などとラブコールが送られ、それが現役続行の決断につながったという。
2022年フランスリーグのサン=ラファエルへ移籍。
スポンサーリンク

井上愛里沙選手のプロフィール

inoue
氏名 井上愛里沙
生年月日1995年5月9日
出身地京都府舞鶴市
身長178cm
出身大学筑波大学
所属クラブフランス サン=ラファエル
背番号10
東京オリンピックに向けての日本代表には選出されず、引退も決意していたといいますが、眞鍋政義監督のパリ五輪を目指してほしいの一言が、井上亜里沙選手の心を動かしたと言います。
世界バレー2022では、チームの得点王として、さらに進化した井上亜里沙選手の活躍から目が離せません。



スポンサーリンク
こねこのブログ
タイトルとURLをコピーしました