平均的な社員寮って?みんなが知らない長所と短所

syainnryou
(写真=PIXTA)

社員寮は従業員にとって、ありがたいものですが、会社側は入寮の手付きをする前に社員に説明しておくべきことがあります。社員のパフォーマンスを最大限に活かすため、正直に社員寮の長所と短所を伝えて、予備知識を持ってから入寮の手続きをしてもらいましょう。

社員寮には良い面が多い 

社員寮の適正な家賃は、相場の20~50%といわれています。水道光熱費およびまかないなどの食費も含む場合、その点を社員に長所として紹介しましょう。特に若手社員にとって、住居費をかなり低く抑えることができるのは大きなメリットです。

共有スペースがある場合、所属部署を超えて社員同士がコミュニケーションを取れることもメリットの一つです。賃貸物件では環境の変化により、ホームシックになる恐れもありますが、寮では職場同士でのコミュニケーションを取ることができ、個別にメンターをつけなくても社員寮で相談に乗ってくれる先輩や同僚がいるのは心強いものです。

管理人を置くなどして防犯性を高くしていたり、入居者一人ひとりの健康面にも気配りしていたりするなら、これもメリットとして紹介しましょう。最近は、就職先選びに関して保護者の意向が反映される場合があり、「オヤカク」と言う言葉もできています。社員寮は、保護者へのアピールにもなるでしょう。

他にも、借り上げ社員寮の場合は、プライバシーを重視する社員に人気があります。ワークライフバランスという言葉が浸透してからは、仕事とプライベートを分けたい若手社員も増えているようなので効果的でしょう。

社員寮の窮屈な点をどう考えるか 

社会人生活をスタートするうえでの懸念として、社員寮は窮屈だということがあります。新人は先輩と顔を合わせたら挨拶が必要なことや、門限、掃除など共同生活のルールを守らねばならないことに、若い世代はやや抵抗があるかもしれません。

初めて社員寮に入ると、プライベートな時間は自室の中にしかないのも事実です。食堂で食事をとる時でさえも、公の場の延長として緊張感があります。気持ちの切り替えが苦手な人には寮生活が心理的な負担になりかねません。

このような状況に順応することも、社会人教育の一環とも言えますが、個人の適性を見てフォローしたり、対応策を講じたりすることも重要なのです。

社員寮の平均的な家賃をあらかじめ知っておこう 

最近は建物を新築したり、最新設備を導入したり、カフェのようなおしゃれな食堂にする社員寮もあります。こうしたきれいな社員寮や借り上げ社員寮に対しては、家賃負担も気にする人も少なくありません。
財団法人労務行政研究所の「独身寮・社宅に関する実態調査(2016年)」によると、独身寮の家賃は社有で平均1万1,302円、借り上げで1万2,181円となっています。これは、食費や光熱費を含むかによって差が出てきます。

借り上げ社員寮が主流になってきた

現在所有している社員寮が老朽化している場合は、借り上げの社員寮に切り替えるという方法もあります。借り上げ社員寮では10数万円の家賃の上限を設けて、その家賃の2割から6割程度を社員が負担し、差額を会社が負担します。自社の給与水準と付き合わせて、社員にとって無理のない家賃にできる場所選びも大切です。

社員はいつでも引っ越しすることができ、老朽化や住み心地が悪くなると会社は契約を解除して新しいマンションと契約できるなど、自由度が高くなります。社有の社員寮と借り上げ社員寮、どちらが自社にあっているか考えてみるといいかもしれません。

>> 提携法人企業様500社以上!社宅のスペシャリストのサポートを受ける

【オススメ記事】
ちゃんと答えられる?いまさら聞けない福利厚生と手当の違い
税金も保険料もお得に!現物給与のススメ
そもそも論!福利厚生って何であるの?
企業も社員もいいことだらけ!社宅のメリット6つ
知らなきゃ損する!社員寮の隠れたメリット

こちらもチェック

いくらかかる?社員寮の費用

企業が社員寮を保有すると、維持 ...